不登校や登校拒否をする子供の親が疲れたぁとなる前に知っておきたい対応【まとめ】

不登校

子供が「学校に行きたくない」なんて登校をしぶり始めると、親としては動揺しますよね。

うちの息子は、小学校に入学して2カ月程たつと登校しぶりをし始め、2学期からはいわゆる不登校状態になりました。

2年生からは教室へ復帰できたんですが、その登校はというととても不安定な状態。

安定した登校が出来るようになったのは、4年生からでした。

そんな息子の登校しぶりや不登校の対応では、うまくいった対応もありますが、失敗したなという対応もあります。

試行錯誤した中で気づかされたことは少なくありません。

そこでこの記事では、今まさに登校しぶりや不登校の対応で困惑している親御さんが「もう疲れた~」とエネルギーを失わないための情報を私の経験からまとめました。

「不登校を改善・解決するためのヒント」が1つでも見つかれば幸いです。

スポンサーリンク

登校しぶりや不登校の対応で知っておきたいこと

学校

子供が登校しぶりを始めたり不登校になってしまうと、親としては「早く解決しなければ」と焦ってしまいますよね。

それに人によっては「私のせいだ、私の育て方が悪かったんだ」と自分を責め過ぎることによって、子供の対応をするための心のエネルギーを無くしてしまう人もいます。

すると、食欲も低下してくるので、心だけではなく体のエネルギー自体にも影響が及んでしまうんですね。

じゃあ、どうすればいいの?

もし、心にも体にも「余裕がなくなりそう」 or「 余裕がなくなった」という事であれば、まずはこちらの記事を参考にしてみてください!

 

 

自己を肯定する

 

子供さんの「学校へ行きたくない」という気持ち、受け止められていますか?

もしあなたが子供の気持ちに対して次のように思っていたら、状態は悪化するかもしれません。

 

登校しぶりは「甘えでしょ」?

腹痛は「仮病でしょ?」

ただの「母子分離不安」でしょ?

登校しぶりに対してこんな風に考えている場合は、こちらの記事も参考にしてみてください!

 

>> 不登校気味な子供の対応でやってはいけない3つの事と対処法とは?

 

黒板と机

 

「スクールカウンセラーさんに相談してみたいな」

「別室登校も検討してみたい」

先生以外に相談したい!別室登校ってどんな感じだろう?という方は、こちらの記事をご覧ください。

 

>> 小1の不登校対応|登校しぶりから不登校・教室復帰までの体験談!

 

不登校の対応で知っておきたいこと

教室

登校しぶりや不登校の状態になると、学校との電話連絡が頻繁になってきます。

数日くらいのことならいいのですが、これが毎日の日課のようになってくると親の心の負担になっていくんですね。

そんな悩みを抱えていた時、私は担任に相談して電話連絡の機会を減らすことにしました。

もし、あなたが学校や先生への連絡方法に悩んでいるようであれば、こちらの記事を読んでみてくださいね。

 

>> 不登校中の学校への連絡方法7選と連絡物の受け取り方法とは?

 

スマホで電話

不登校中って、どんな風に過ごしたらいいか悩んでしまいます。

勉強はやらせたいし、欠席しているからといってずっと家に閉じこもっているのも疲れるし…。

そんな悩みをお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください。

勉強についてはこちらをどうぞ!

>> 小学生の息子が不登校中にやった勉強方法とは?家での過ごし方【小1編】

 

オンラインゲームをする子供

 

「ゲームはやらせていいのかな?」「子供の笑顔を取り戻したい」と思ったら、こちらをご覧ください。

 

>> 不登校中の家での過ごし方とは?【ふれあい編】

教室復帰させるには?

子供さんが元気になってきたり新学期や進級の時期になってくると、親としては

・別室登校から教室への登校へをフォローしてあげたい!
・学校へ復帰させてあげたい!

などと考えると思います。

そんな時に参考になればと、学校復帰(教室復帰)に関する体験談をこちらにまとめました。

 

>> 不登校からの復帰は新学期?息子にとっての気持ちの切り替えは新学年なのかも

 

こちらの記事は、「別室登校くらい行ってよ!」と思ってしまう方に読んで頂けたらと思います。

 

>> 小1の不登校対応|登校しぶりから不登校・教室復帰までの体験談!

 

まとめ

子供の登校しぶりや不登校の対応って、とてもエネルギーがいります。

私は子供の不登校に悩んでいた真っただ中で、なんと義理の親の介護系問題が発生してしまい、私の心の負担がさらに増加してしまう羽目になりました。

そんな時、問題を一人で抱えてしまっていたら倒れてしまっていたかもしれませんが、友人知人やスクールカウンセラーさんのおかげで、なんとか乗り越えることができました。

問題を一人で抱え込んでしまうと、焦りや余裕を失うことによって、問題を悪化させてしまいかねません。

もしあなたが一人で悩んでいるのだとしたら、早めに心理士や教育関係者などに相談することをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました