ウィスク検査を小学生で初めて受けた話。WISC-Ⅳとは?

調べる子育て

前回は、子供の不登校をきっかけに発達相談をするに至った経緯についてお話しました。

今回はその続きで、我が家が民間企業でウィスクという発達検査を受けたときの体験談をお話したいと思います。

スポンサーリンク

発達テストのウィスクとは?

息子が受けた発達検査は、世界でも広く利用されているWISC-Ⅳ(ウィスク フォー)という児童用の知能検査です。

この検査の対象年齢は5歳0ヶ月~16歳11ヶ月の子どもで、この検査を受けると子供がどれくらい発達・成長しているか、また、何が得意で何が不得意なのかを客観的に知ることができます。

WISC-Ⅳ(ウィスクフォー)とは?

この検査は15の検査で構成され、検査をすると下記にある4つの指標得点とIQの5つの合成得点が算出されます。

・全検査IQ(FSIQ)
以下にある4つの指標から算出されるIQ

・言語理解指標(VCI)
言語の理解度・言語の表現能力・コミュニケーション力

・知覚推理指標(PRI)
視覚的な情報を取り込んで推測する能力

・ワーキングメモリー指標(WMI)
聴覚的な情報を正しく一時的に記憶する能力

・処理速度指標(PSI)
視覚的な情報を事務的に正しく処理する能力

ウィスク(Wisc)検査はどこで受けられるの?

ウィスクは民間企業や公的な機関で受けることが出来ます。

我が家の場合は学校でできなかったので、地元の民間企業にお世話になりましたが、もし検査だけでも受けてみたいという場合は、カウンセリングルーム病院などの民間企業に問い合わせてみるといいですよ!

なぜなら、公的機関の場合は1カ月~3カ月待ちが当たり前ですが、民間なら数日~数週間以内には受験できて、検査結果も早くにもらえる可能性が高いので。

ウィスク検査の費用はいくらくらい?

ひらめき

民間企業でウィスクの検査を受ける場合は、数万円の費用がかかります。

目安としては1万~3万円程度。

我が家がお世話になった民間企業ではウィスクだけというのはできないとのことで、カウンセリングとセットの料金で約3万円でした。

なぜ検査だけできないのかなと思ったら、いきなりの検査だと子供が不安などから検査を拒否したり、検査を中断してしまったりする恐れがあるからなんだそうです。

検査は検査者と子供と1対1でするのですが、初対面の人と慣れない場所でいきなりの検査となると、子供にはとっては大きな負担となりますからね。

ウィスクの検査にかかる時間はどれくらい?

ウィスクの検査にかかる時間は約60分~90分で、終了時間は子供の回答状況によって異なります。

また、我が家の場合は1日だけでなく、1週間に1回のペースで企業に足を運び、合計で3日間かかりました。


<3日間の流れ>

第1週目には、カウンセラーさんとの面談です。

「家族全員での面談」と「子供だけの面談」をしました。


第2週目は、ウィスクの検査です。

家族みんなでカウンセラーさんと軽い雑談をしたあとに、カウンセラーさんと子供が2人だけでウィスクの検査をしました。


第3週目は、検査結果の報告です。

検査結果の日は子供を夫にまかせ、私一人だけで企業に向かいました。

カウンセラーさんが検査結果をまとめた書類を通して、子どもの検査中の様子や子どもの特性について説明をしてくださいました。

ウィスク検査を受けた小学生息子の結果とは?

道しるべ

私としては結果に明らかな凸凹が出るのだろうなと予想していたのですが、全体的な結果としては平均的で知的な遅れはないという結果でした。

<検査中の様子>
・集中力が途切れやすい
時間の経過に伴い、集中力が途切れ始めた
・じっとしていられない
室内をウロウロしたり、室外へ出ようとした
・こだわりが強い
問題の時間制限を過ぎても「完成するまでやる」と言って、次の問題へ移行するのが困難な時があった
<総合的な所見>
・言語的な知識や語彙力は問題ないが、耳からの情報処理にやや困難がある
・聴覚過敏の可能性があって、音の刺激によって注意が散漫になる傾向がある
・視覚的な情報処理が得意で、物事は図や絵から理解しやすい
・周囲の顔色や雰囲気を敏感に感じやすい
・聴覚過敏からか、周りからの指摘や注意が必要以上に大きく聞こえている
・不安や恐怖心を抱きやすく、周りが感じている以上に疲れやすい

こんな感じで、この時の検査ではこんな結果が出ました。

ADHDっぽいなと私は感じたのですが、カウンセラーさんからは発達障害の可能性があるとかないとかの明言はされず、「発達障害の診断は医師がすることなので、診断については医療機関へ相談を」とのこと。

可能性だけでも言って欲しいなとは思ったんですけど、凄くモヤっとした表現しかされませんでした。

トラブル防止のためなのかもしれません。

医療機関の受診へ

検査結果を見聞きした感じで「黒に近いグレーだな」と感じた私は、医療機関へ相談に行くことを決意しました。

しかし、決意はしたもののどこの医療機関に行けばいいのか困惑

そこで私は、医療機関とかに詳しそうな、とある障害児を育てるママさんへ相談してみました。

すると、そのママさんは私の話をよく聞いてくれ、快く評判がいいという噂の専門医を紹介してくれることに。

ただ、

・発達系の医療機関はどこも半年とか1年待ち
・それでもよければ、とりあえず予約だけでも入れてみたら

とのこと。

時間がかかることには戸惑いましたが、何もしないわけにはいきません。

私は時間がかかることを承知のうえで、とあるクリニックに問い合わせてみました。

すると、運がいいことに、希望した日にキャンセルが出たとのことで、予約を入れられることに!

次は児童相談所の予定だったのですが、私たち親子は医療機関へ足を運ぶこととなりました。

▼この記事の続きは、こちらの記事をご覧ください。

ADHDの疑いから子供と受診へ。医療機関ではどんな流れになる?
この記事では、我が子と発達専門医のもとへ行った時の体験談をお話ししています。

まとめ

ウィスク検査の内容ってご存じですか?

小学生の内容ってどんな感じなのだろうと思い息子に聞いてみると「神経衰弱みたいなやつ」とか「パズルみたいなやつ」をやったと言っていました。

本人的には、とても楽しかったみたいです。

費用はかかってしまいましたが、早い段階で息子の得意・不得意を知ることができたので、結果としては良かったなと思っています。

また、検査結果報告では、自宅で子供と接するときのポイントを教えてもらったことで、子供を叱る回数を減らすことができました。

タイトルとURLをコピーしました